ホーム > ライフ > 健康のため親知らずをどうするかは人それぞれ

健康のため親知らずをどうするかは人それぞれ

80歳になっても歯を残そうとか、歯周病と糖尿病の関係とか、最近ですよね。歯と健康について色々言われるようになったのは。歯がなくなったら入れ歯を作ればいいじゃない、という感じじゃないですよね。きちんとお手入れして自分の歯で食べられるように…みたいなかんじです。まあ入れ歯を作って、合う合わないもあったり、洗浄したりのことを考えると、自分の歯のほうが安上がりだし手間はないですよね。あれが食べられない、これが食べづらいといった入れ歯ならではの悩みとも無縁です。長生きして元気な人って、お肉も食べるし、お酒も飲むし、好きな物を食べてますよね。いつになっても好きな物が食べられるように、体も口の中も健康で居たいものです。

 

健康のため親知らずをどうするか水戸で考えよう

 

そういえば、いらないと思われがちな親知らずですが、歯が抜けたときなんかに再利用できるそうですよ。空いた場所に移植するんですね。できるものとできないものがあるので、ケースバイケースですが、親知らずが生えてきたから抜歯と慌てなくても、後に利用できる場合があるので、歯医者さんとよく相談するといいと思います。もちろん生えていることで苦痛を伴うのなら抜いたほうがいいと思いますけどね。本当、人それぞれですよね。